お葬式が終わり、無事に49日も終わりました。

最後に残された家財をどうしたらいいものか・・・?

悪徳業者なら100万円かかるらしいよ。

ウソだ!・・・そんなにするの?

そんな時に、話題にあがるのが遺品整理ですが、今回は、家財処分の説明をしていきますね。

  • 家財処分を頼むメリットとデメリット
  • 家財処分をお願いすると、どれぐらいの費用がかかるのか?

を、遺品整理15年の「雷太」が、書いていきたいと思います。

家財処分は、費用を最も重視した人向けのサービスです!

最速で最安で終わらせたい方は、じっくり読んでください!

家財処分をお願いした場合のメリットとデメリット

家財処分も遺品整理同様で、ご自身でも時間を掛ければ、もちろんできます。

プロの家財処分(遺品整理)業者が行う場合は、処分の仕方を分けています。

  • 産廃処分
  • 一般処分

これで分別方法が変わってきます。

分別の多いのは「一般処分」で細かく分けないといけませんが、「産廃処分」の場合は、ある程度でいけるので、スピードが全然違います。

その分、人件費も安くなるので、料金が安くなります。

このサービスを選ばれる方が多いのは、ゴミ屋敷の場合です。素人ではまずできません。

とんでもない悪臭とゴキブリなどご対面します。プロ離れているので、手袋で「バチコン」とゴキブリぐらいなら殺します。

俺のできるよ!

と言うかと思いますが、1匹2匹ではありません。数十匹といる場合もあります。

冷蔵庫をどけて黒い敷物かと思ったら、神の下は全部「ゴキブリ」だったことがありました。

一旦、笑うしかありません。それから驚きましょう!(笑)

では、メリットをまとめます。

  • 時間は1日かからない場合がほとんど
  • 費用は非常に安くで処分できる

次は、デメリットです

  • 整理がないので、探し物はまず出てこないし、貴重品なども出てこない

ゴミ捨て代行なので、スピードとひようが約五以外なにもありません。素人との違いは、安全に捨てるということぐらいです。

家財処分の相場は大きく変わります

一番安いのは、いひんせいりぎょうしゃではなく、焼却施設を持っているゴミ屋さんが一番安いです。

そのかわりゴミとして見ているので、すべてぐちゃぐちゃに、雑に扱われます。見ていてももう少し・・・丁寧にお願いと言いたくなるほど、投げたり踏んだ血を

料金の相場は、だいたい決まっていて、

~1DKまで 29,800円~
1LDK~2LDKまで 70,000円~
2LDK~3LDK 120,000円~
4LDK~ 150,000円~

これぐらいが相場です。

しっかり、相場どおりか確認してください!だいたい3社ぐらいに見積もりを出してもらってください!

家財処分に関しては、地域の焼却施設のある業者にもあたってください!